「IIm7 - V7 - I - VI 」特訓サプリ(2_5_1_6特訓サプリ.pdf)

¥ 300

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(462069 バイト)

Jazzスタンダードを弾く上で、
IIm7 - V7 - I に「VI」の和音を足した「IIm7 - V7 - I - VI 」は
循環コードの代表的なものです。

順番的には「 I - VI -IIm7 - V7」とするのが正解なのでしょうが、
実際の演奏ではIIm7 - V7 - I を弾いた後に「VI」を持ってくる形に
慣れておいたほうが良いでしょう。

クラシックでは「VI」をマイナーにするのが通常ですが、
Jazzでは「VI7」にして転調感を出すのがポイント。

「IIm7 - V7 - I - VI 」の順番で練習することで、
「VI」が「IIm7」に向かっていることを意識しながら
演奏できるようになります。

左手ウォーキングベースを弾きながら、
良いグルーブで右手コードを弾いてみてください。
譜面は音程を示すために全音符で表記していますが、
お好きなバッキングリズムで自由に弾いてみてください。


※PDFファイルの商品です。

※デジタルコンテンツの購入は
「クレジットカード決済のみ」となっておりますので、
ホームページ上のメニュー「Contact」「ショップへのお問い合わせ」から
ご連絡頂ければ、銀行振込での購入方法をご案内いたします。

(tak5yamada@gmail.comのメールアドレスで案内メールを送りますので、
携帯キャリアメールの方は受信拒否設定の解除をお願いします。)

お手数をお掛けしますが、よろしくお願いします。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する